蔵前『Bistro Double 11(ビストロ・ドゥーブル・オーンズ)』の鮮やかで美しい料理とワイン。気軽な昼飲みにもぴったり



2020年1月にオープンしたばかりの、蔵前『Bistro Double 11(ビストロ・ドゥーブル・オーンズ)』。気軽にフランス料理とワインを楽しめ、最近はテイクアウトメニューも豊富に取り揃えてくれていてありがたい。落ち着いた雰囲気ながらも敷居は高すぎず、温かい「町のビストロ」という感じがする。

充実の昼飲み! フランス料理とワインの店

最初に『Double 11』を知ったとき、ランチタイム、ディナータイムのほかに、土・日に「昼飲み」と書かれた時間帯があったのをよく覚えている。

昼からお酒を提供している店は多いが、“昼から酒を飲む目的で行ける店”はなかなか少ない。そんな中でわざわざ「昼飲み」と書いてくれることは「気軽に飲みに来てくださいね」と言われているようでとても嬉しい。

いざ昼飲みに行ってみると、お昼でもお酒と合わせる料理が充実していて驚いた。お昼だけど、がっつりディナーのように食事もワインも堪能してしまった。満足度が高いのに、まだお昼……これはハマる人も多そうである。

生ハムとフルーツが色鮮やか。最初のおつまみに

ブルーで統一された、洗練された店内

飲食店は一般的に、暖色の店が多いとされている。食べ物を美味しく見せる色だからだ。しかし『Bistro Double 11』は、シックで落ち着いたブルーがメイン。壁やドアはブルー系統で統一されている。

珍しいけれど、洗練された雰囲気で素敵だと思った。ブルーは気持ちを落ち着かせてくれる色。心おきなく食事を楽しむのに、むしろ向いているのかもしれない。

小物もブルーで統一されていてかわいい

料理が鮮やかで美しい。盛りつけの表現に感動

同店は料理がどれも絶品なのだが、盛りつけも美しくて好きだ。使っている器もおしゃれだし、色合いにもこだわりを感じる。テーブルに持ってきてもらったときに、感動のあまり「うわあ~!」と自然に声が漏れてしまう。

ディナーでお邪魔した際の、ムール貝とポテトフライ。ワインにぴったり

お弁当にお惣菜、オードブル。充実のテイクアウト

外出自粛が呼び掛けられるようになってしばらくした頃、『Double 11』でオードブルのテイクアウトが行われていることを知った。事前予約が必要だが、さっそく注文してみると3,000円ほどで盛りだくさん入っていた。コスパがとても良くて、「こんなにいいんですか?」と驚いてしまう。

それ以外にも、お惣菜をテイクアウトで販売していた時期もあって、それを楽しみながら自粛を乗り切った節がある。ワインと一緒に購入して、自宅で贅沢な時間を過ごすことができた。コロナ禍限定の取り組みだったのかもしれないが、本当にありがたかった。

現在もランチタイムではお弁当を販売している。フレンチだけでなく、和食や中華っぽいメニューのときもあって、ふだんづかいしやすいのが嬉しい。ほかにも、ジャムやお菓子類も販売されていて、手土産にするのもおすすめ。とにかくテイクアウトの充実がスゴイ。

お惣菜をいろいろテイクアウト。どれもめちゃくちゃ美味しい

少しずつ外食もしやすくなってきた今、また『Double 11』でのんびり昼飲みをしたい。料理とお酒を店で楽しみながら、豊かな時間を過ごしたいと考えている。

Bistro Double 11 公式Instagram



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
たけの
フリーの編集者・ライター。食関連の書籍・雑誌・Webサイトで活動中。祖父母は定食屋、両親はレストランを経営。飲食店一家に生まれ、食の虜に。美味しい飲食店や料理、食文化・歴史・ニュースなどを発信しています。