『いつかティファニーで朝食を』⑦ 大阪に沖縄、金沢、郡山……全国の旨い朝食に出合う



『いつかティファニーで朝食を』の第7巻。相変わらず高浪さんに振り回される麻里子は、大好きな朝食もあまり食べられず、会社の後輩・きみちゃんや菅谷に心配されてしまう。そんな折、沖縄出張に行くことになり、久しぶりの朝食を満喫することに。少しずつ自分を取り戻していく麻里子に、こちらも嬉しくなる。

ほかにも、お馴染みの4人での金沢旅行や、きみちゃんの郡山への帰省、リサと米谷くんの大阪での暮らしなど、日本各地に舞台が移り、地域色の強い朝食も紹介された。

沖縄の朝食で自分を取り戻す

沖縄に出張した麻里子が向かったのは、『沖縄第一ホテル』。沖縄食材を含めた50品目も使った料理が登場する。「ゆし豆腐」や「若菜の白和え」「島人参の炒め物と島ラッキョウ」「ウコンのパン」「紅芋のパン」「シークワーサーのジュース」「ハンダマの酢味噌和え」……多様な料理が登場するが、全部で585キロカロリーしかないとは驚きである。

最後は薬膳茶で一息。あまり朝食を摂れない日々が続いていた麻里子が、「こんなにゆっくり朝食とったの久しぶりだなあ…」と自分を振り返っている瞬間が好きだ。

また、次の日は偶然会った元恋人の創太郎と、『プラウマンズ・ランチ・ベーカリー』へ。麻里子は「青パパイヤとささみのバジルオリーブサンド」「にんじんとトマトのポタージュ」、創太郎は「生ハム&カマンベールチーズのサンド」と「ごぼうのポタージュ」を注文し、久しぶりに二人で食事を摂ることになる。

食にあまり関心のなかった創太郎が、「出張に行くことが多くて大変だけど 最近は地方でランチ食べるのが楽しみなんだ」というので驚いた。そして、付き合っていたときに朝食を一緒に食べられなかったことを、謝ってくれる。

麻里ちゃんにずっと謝りたかったんだ
こうやって一緒にご飯食べたいって思ってくれてたのに
それがどれだけ尊いことがずっと気付かなくて……

『いつかティファニーで朝食を』⑦ マキヒロチ

成長している創太郎を見た麻里子は、自分の置かれた状況を見つめ直し、高浪さんと別れることを決意する。1巻で登場した創太郎はなんだか情けなく見えていたが、この回はかなりカッコいい。

StockSnapによるPixabayからの画像

金沢で食べる、四季を感じる朝ごはん

高浪さんと別れた麻里子のために、金沢旅行を計画した典ちゃん、栞、リサ。リサの独身最後の旅行ということもあり思い切り楽しむつもりが、麻里子はあまり乗り気になれない。愚痴を言ったり、悪酔いしたりとやさぐれる麻里子だったが、3人が連れて行ってくれた朝食で元気を取り戻す。

4人が今回向かったのは、主計町の料亭『貴船』。一日三組限定で、旬の食材を使った朝食を摂ることができる。本作では季節が2月だったようで、福笑いやマスなど節分をイメージした盛りつけとなっていた。イラストながら、とても美しい。「ブリの幽庵焼き」「たらと白子の鍋」などの和食だけでなく、干し柿とブルーチーズなど、アレンジの利いた料理もあって面白い。

徐々に元気を取り戻していく麻里子に「このお店に来れてよかったね~!麻里ちゃんは朝ご飯食べると元気になるからね!」と笑う3人。最後に撮影したにこやかな4人の写真は、こちらの心も温まる。

t_watanabeによるPixabayからの画像

朝食を食べながらクルージングも

米谷くんと結婚することになったリサは、結婚式の準備を進める中で、米谷くんの友人と会うことに。女友達もいるということで不安に思っていたが、朝食を通じて仲良くなる。

今回の朝食はなんと屋形船、『御舟かもめ 朝ごはんクルーズ』。もともと真珠の養殖作業に使われていた小舟を、クルーズ用に改良したそうだ。ゆったりとクルージングを楽しみながら、金沢「不室屋」のおすまし、麦と醤油、ネギとごまのおにぎり、新鮮なプチトマトにいちごなどが入った朝ごはんを食べることができる。

第7巻は地域色の強い朝食が多く掲載されていたほか、登場人物の大きなターニングポイントも多かった。グルメもストーリーも面白く、相変わらず大好きなマンガだ。

関連記事

「朝ごはん」の魅力と多様性を改めて知る。『いつかティファニーで朝食を』①
美味しい朝食が、気分を切り替えるきっかけになる。『いつかティファニーで朝食を』②
朝食があれば、コミュニケーションだって捗る。『いつかティファニーで朝食を』③
『いつかティファニーで朝食を』④ 甘味に韓国料理、豆腐。印象的な朝ごはんシーンを振り返る
『いつかティファニーで朝食を』⑤ 孝行としての朝ごはん、そして台湾旅行
朝のフェスめし、そして料理が苦手でもつくれる朝ごはん。『いつかティファニーで朝食を』⑥
今回はベーカリーが満載。雑多に一人で、心おきなく食べる朝ごはん『いつかティファニーで朝食を』⑧
『いつかティファニーで朝食を』⑨ 気持ちを切り替える新・卵かけごはん、そしてニューヨーク
『いつかティファニーで朝食を』⑩ 親子で朝ラーメン、徹夜明けの焼きそば
『いつかティファニーで朝食を』⑪ 新たな出発に、朝食で気合を入れて
憧れのNYティファニーも登場!『いつかティファニーで朝食を』⑫



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
たけの
フリーの編集者・ライター。食関連の書籍・雑誌・Webサイトで活動中。祖父母は定食屋、両親はレストランを経営。飲食店一家に生まれ、食の虜に。美味しい飲食店や料理、食文化・歴史・ニュースなどを発信しています。