日本橋『green bean to bar CHOCOLATE(グリーン・ビーン・トゥー・バー・チョコレート)』でチョコと日本酒のペアリングを堪能

日本橋「コレド室町テラス」内にオープンした『green bean to bar CHOCOLATE(グリーン・ビーン・トゥー・バー・チョコレート)』。ビーン・トゥー・バーのチョコレートを専門としており、中目黒に本店を、福岡や京都に支店を構えている。

チョコレート好きの友人が連れて行ってくれ、イートインもできるとのことで一緒に味わってきた。そこで新たなチョコレートの楽しみ方を見つけることができたので、ここに記しておこうと思う。

カカオと砂糖のみでつくられた日本製のチョコ

『green bean to bar CHOCOLATE』は、その名の通り、カカオ豆がチョコレートになるまでの全工程を併設のファクトリーで行っている。カカオ豆を選別し、一つひとつ時間をかけて丁寧に仕上げ、手作業でパッケージに包んでいるそうだ。

使用する材料はカカオ豆と砂糖のみ。実にシンプルながら味わい深いチョコレートをつくり出している。

国内で一から製造しているからこそ、パッケージには和紙を活用するなど、とことん「日本製」にこだわっている。また、和紙はチョコレートによって異なるデザイン。浮世絵のような波模様や市松模様などがあり、どれも粋で美しい。

参考:『green bean to bar CHOCOLATE』のラボラトリーについて

チョコレートが一つ一つ、美術品のように並ぶ

店内に入ってまず感じたのは、チョコレートがまるで美術品のように美しく並んでいるということ。それぞれの商品が丁寧に置かれ、その横には味わいや産地の解説、もとになっているカカオ豆の実物、さらに試食用のチョコレートが並べられている。

各パッケージをじっくり眺め、解説を読み、気になったものは手にとって試食してみた。美味しいと感じたものがあったのはもちろん、「なるほど、これはこんな味がするのか」と勉強にもなったものもあり、巡るのが楽しかった。

一つひとつ、パッケージと試食が並べられている

イートインでペアリングを楽しむ

同店にはカフェが併設されており、エクレアやタルトなどのチョコレートを使ったデザートやチョコレートドリンク、あるいはチョコレートのおともにぴったりなコーヒー、カカオほうじ茶などのドリンクが楽しめる。

印象的だったのが、お酒のラインナップがあること。確かにチョコレートはお酒とも相性がいい。ワインやシャンパーニュなどが並ぶ中、なんと日本酒もあった。

店員さんにいろいろ聞きつつ、餡子入りのチョコレートと、これに相性が良いという「三井の寿」を注文。

正直にいうと甘い日本酒は少し苦手だったのだが、チョコレートとペアリングともなると相性が良く、とても美味しかった。

チョコレートを美味しく味わうのはもちろん、学ぶことも、新しい発見をすることもできて大満足。またぜひ、うかがいたい。

green bean to bar CHOCOLATE 公式ホームページ

そのほかチョコレートのお話はこちら