沖縄県魚の「グルクン」がとにかく旨い。唐揚げもいいけど刺身もいい



海に囲まれた沖縄では、新鮮で美味しい魚がたくさん食べられる。本州で獲れる魚も沖縄特有の名前が付けられていることもあって、「沖縄の魚」と認識されているものも多い。

そんな中で個人的なお気に入りは、沖縄の県魚である「グルクン(タカサゴ)」。飲食店のメニューにあればいちもくさんに注文するし、実家でグルクンが出た日などは「やったー!!」と小躍りしてしまうほどである。

はじめてグルクンを食べたのは、都内の沖縄料理屋だった。唐揚げをいただき、なんと美味しいのだろうと驚いた。さっぱりと淡泊な味わいながら、揚げるとジューシーな印象も受ける。オリオンビールや泡盛と合わせると最高に旨い。

それ以来、グルクンといえば「唐揚げ」の印象が強かったのだが、沖縄の家族に「グルクンは刺身が美味しい」と教えられて衝撃を受けた。

刺身なんて沖縄に来るまで見たことがなかったから、刺身に向いていないのだと思っていた。ところが、グルクンは腐りやすいため刺身として提供するのは県内が向いていて、県外には唐揚げなどの加熱料理が向いているということらしいのだ。

実際に食べてみると唐揚げと同様、すっかり虜に。今や沖縄に行くとだいたい食べている。美味しさの理由の一つには、きっと沖縄のおだやかな雰囲気もあるのだろうな。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA