「氷見市潮風ギャラリー」で、藤子不二雄Ⓐ先生の軌跡を辿る



「高岡市 藤子・F・不二雄ギャラリー」に続き、氷見市の「潮風ギャラリー」にもお邪魔。ここまで来るとまるで藤子不二雄ファンのようだが、実のところ、Ⓐ先生の作品にはそれほど詳しくなく、伺ってから「わ! これもそうだったのか!」と驚くほどの無知ぶり。

ギャラリー内には『まんが図書室』があり、ここでⒶ先生の作品をいろいろ手に取って読んだ。個人的には人気作だけでなく、エッセイマンガにも関心がわいた。いずれ自分で購入して、じっくりと読むつもりである。

ギャラリーに行くまでには、いたるところにキャラクターのオブジェ。

氷見のブリとかけた「ブリンス」なるオリジナルキャラクターも……!

弟が大好きな『プロゴルファー猿』。立体になってると新鮮。

ハットリくん! かわいい!

『笑ゥせぇるすまん』。名刺にはしっかり「喪黒 福造」の文字。個人的には、Ⓐ先生と言えば同作のイメージが強い。

水木しげるロードのような、街全体で盛り上げている感じがあり、テーマパークに来た感覚で楽しかった。 

氷見市潮風ギャラリー公式ホームページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA