【自家製調味料】そうだ、マヨネーズをつくろう。つくりかたは?市販品とどう違う?



「自家製」。なんといい響きだろう。丁寧で温かい感じがする。

自家製と聞いていちばんつくってみたいと思っていたのが、調味料だった。マヨネーズやケチャップ、ドレッシング、ソースなどが挙げられる。今回はその中でも、マヨネーズをつくってみることにした。

お手本にしたのは、ツレヅレハナコさんのレシピ

『&Premium』2020年9月号では、「真似したくなる、あの人の料理。」と題して、さまざまな著名人のお気に入りレシピが紹介されていた。

その一つであるツレヅレハナコさんの、自家製マヨネーズ。必要な度にさっとつくれそうなお手軽さだったので、さっそく挑戦した。

分量は本誌を参照してもらいたいが、つくりかたはわずか数行で済む。ボウルに卵黄、塩、白ワインビネガーを入れて泡立て器で混ぜる。サラダ油を少しずつ加えながらさらによく混ぜ、全体が混ざったら胡椒を加えて完成。これだけである。

材料を混ぜ始めたときは「これが本当にマヨネーズになるの?」と不安がよぎった。しかし、徐々にとろみがついてきて、最終的にはしっかりとマヨネーズが出来上がった。これには感動した。私でもつくれる……!

酸味が少なくまろやか、アレンジしてもよさそう

味見をしてみると、市販より酸味が少なくまろやかだった。余分なものが入っていない感じがする。今回は初めてだったので分量通りにつくってみたが、材料をアレンジして、自分なりのレシピに変換するのも良さそうだ

例えば、使う油はサラダ油じゃなくてオリーブオイルでもいいだろうし、白ワインビネガーじゃなくてお酢でもいいのかもしれない。とはいえ、お酢は酸味が効きすぎそうだから、やさしい風味のものを使ってみたい。

Steve BuissinneによるPixabayからの画像

使い道はサラダ、マヨトーストが美味しかった

つくってみて思ったのは、まず「何かの調理に使うより、そのまま食べたい」ということだった。炒めたり和えたりするにはもったいない気がしてしまう。出来立ての味わいを楽しみたい。

というわけで、まずはシンプルにきゅうりにつけて。マヨネーズの味わいがしっかり感じられて美味しい。

それから、トーストにもしてみた。いつもならマヨネーズはツナマヨにしたり、茹で卵と和えたりするが、今回はシンプルにマヨネーズのみ。きれいに焼き目がつき、市販のマヨネーズよりもふわっとした食感に仕上がった。

市販のマヨネーズと食感が違って面白かった。

ただ、ちょっと味がやさしすぎた気もする。たとえば粗挽きの胡椒をトッピングしたり、オリーブオイルで風味をつけたりして、アクセントを加えたい。

ほかに何かトッピングできるものはないかな?と、後で調べてみると、マーマレードやほんだしなど個性豊かな味付けが見つかった。今度自家製マヨトーストをつくるときは、いろいろ試してみたい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
たけの
フリーの編集者・ライター。食関連の書籍・雑誌・Webサイトで活動中。祖父母は定食屋、両親はレストランを経営。飲食店一家に生まれ、食の虜に。美味しい飲食店や料理、食文化・歴史・ニュースなどを発信しています。