沖縄の餅「むーちー」、実食



お正月に沖縄に帰省した際、「むーちー」を初めて食べた。むーちーとは、沖縄の方言で「餅」を指し、月桃の葉に巻かれた柏餅のような食べ物。本来は旧暦の12月8日に食べるものらしいが、うちのまわりはちょっと早め、お正月すぎくらいに食べていることも多いよう。

白いプレーン以外にも、紅芋味や黒糖味もあって色鮮やか。今回は市販で売っているものをいただいたが家で作るところもあるそう。

沖縄は独自の食文化がたくさんあって、本当におもしろい。これからもたくさん知っていきたい。