野田琺瑯のホーロー容器・別注カラーブラックを購入。便利すぎるホーローの魅力を知る



実は前々から、「野田琺瑯」のホーロー容器を購入したいという願望があった。料理家さんなども使っている人が多く、見た目もかわいいし使いやすいのだろうなあと思っていたのだ。そんなときレタスクラブMOOKで、ホーローの使い方が掲載された冊子「野田琺瑯のDaily Cooking Book」とともに限定カラーのブラックが発売されると知り、「よし、今だ!」と購入したのだった。

保存するだけじゃない、直火もオーブンも使えるホーロー

そもそもホーローとは、金属素材にガラス質の素材を焼きつけたもの。器や鍋などの調理器具に使われていることが多い。個人的には今回の野田琺瑯の商品のように、保存容器によく活用されているイメージである。表面がツルっとしていて、見た目も美しい。

加えて、利便性にも優れている。例えば、雑菌が繁殖しにくく、ジャムやマリネ、漬物などの保存のきく料理を詰める容器として最適。また、熱にも強いのでガスコンロの直火にかけることもできるし、オーブン調理にも使える。特に野田琺瑯のデザインは洗練されていて器としても使いやすいので、調理後そのまま食卓に出すことも可能である。とにかく、とにかく便利すぎる。

「野田琺瑯のDaily Cooking Book」で料理バリエーションを学ぶ

いろんな料理に使えるとわかってはいるものの、私はホーロー初心者である。まずは具体的にどんなものが作れそうか、同誌を見ながら学ぶことにした。作ってみたいと思ったのは、以下。

“こねない”ちぎりパン

オーブン焼きや直火で作るアヒージョなどは想像できていたが、驚いたのはパンが焼けること。おまけに材料を混ぜて少し休ませてから焼き上げるという、簡単なレシピとなっていた。ほかにも「“こねない”フォカッチャ」も紹介されていて、こちらもぜひ挑戦してみたい。

自家製ツナ

いつか作ってみたいと思っていた自家製ツナ。レシピが載っていたので、これを機に作り置きしたい。朝ごはんやおつまみにも良さそうである。

まだまだホーローを使いこなせていない私だが、千里の道も一歩から。これからこの容器を使って、たくさんの料理を作っていきたい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
たけの
フリーの編集者・ライター。食関連の書籍・雑誌・Webサイトで活動中。祖父母は定食屋、両親はレストランを経営。飲食店一家に生まれ、食の虜に。美味しい飲食店や料理、食文化・歴史・ニュースなどを発信しています。