村上春樹『ノルウェイの森』を読んで、勝手にビートルズ「ノルウェイの森」を妄想した

村上春樹さんの『ノルウェイの森』を初めて読んだとき、私はビートルズの「ノルウェイの森」を聴いたことがなかった。

でも、小説の中では登場人物たちが曲について語ったり、歌ったり、果てはギターまで弾いてしまうので、小説を読んでいるとき、頭の中では私が勝手に作った「ノルウェイの森」が流れていた。

今思うと、勝手にビートルズの曲を創作してしまっていたのである。不思議、聴いたこともないのに脳内で流れたあの曲は、いったいどこからやってきたんだろう。

しばらくして実際の「ノルウェイの森」を聴いてみたら、私の創作した曲と全然違った。私の方がもっと爽やかな森林、って感じの曲だった気がする。ただ、この怪しげな雰囲気のほうが『ノルウェイの森』にぴったりだなあとしみじみ思った。

と言っても今はもう、全然思い出せないのだけれど……

もっと私的なコラムを読む

もっと小説の記事を読む

⇒小説の記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
襟田 あいま
食べること・読むことがとにかく好き。食と本にまつわる雑感を日々記録しています。