かつおだしの優しい旨味が、沖縄料理の決め手になっているという話

沖縄料理にかつおだしは欠かせない。

沖縄そばや中身汁、いなむどぅちなどの汁物にもだいたい使用されているし、ゴーヤーチャンプルーなどの炒めものやしりしりには、かつおだしを加えたり、かつおぶしをたっぷりかけることもある。

こうなってくるともはや、かつおだしの優しい味わいが、沖縄の味を作っていると言えるのではないだろうか。

「あじくーたー」な料理を目指して

『おきなわいちば』64号「時間がおいしくする料理」によれば、沖縄料理の味を表す方言に、「あじくーたー」という言葉があるらしい。「だしの旨味が素材に凝縮されている」という意味だそうで、沖縄料理ではそれほどに、だしの旨味が重要視されているといえる。

ちなみに本書には、かつおぶしの取り方同様に、「豚だし」の取り方も掲載されていた。豚肉を余すことなく使う沖縄の食文化だからこそ、「豚だし」もまた欠かせない食材の一つなのだろう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA