押上『焼鳥さつま屋』で鶏刺しと日本酒“裏”富成喜

焼鳥が食べたくなって、押上『焼鳥さつま屋』へ。焼鳥はもちろんのこと、表面をあぶった鶏刺しが美味しかった。

初めての「裏」日本酒

また、印象的だったのは、人生で初めて飲んだ「裏」日本酒。今回は「裏富成喜」。実際にエチケットの文字が裏返っているのが面白い。調べてみると、「裏」になっている日本酒はほかにもあるらしく、希少だったり限定だったり、「裏」の理由はさまざまのよう。

こういう日本酒はやはり、店舗に行かないとなかなか出合えない。家で飲むのもいいけれど、飲食店で新しい食やお酒に出合うことは止められないなあと、しみじみ思う。

焼鳥さつま屋公式ホームページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA