表参道『TOKYO WISKY LIBRARY』でしっぽりウイスキー

ウイスキー好きの友人に連れて行ってもらった『TOKYO WISKY LIBRARY』は、その名の通り、“ウイスキーの図書館”のようであった。壁一面にずらっとウイスキーボトルが並び、上のほうの棚に置いてあるものは、梯を上り下りして取る仕様になっている。

表参道にこんな天国があったとは……友人に感謝である。

私は大のウイスキー好き、とは言わないが、家でも外食でも飲む。種類もそこそこに飲んできているつもりではあるが、同店にはやはり、まだ飲んだことのないウイスキーがたくさんあった。

このときはひとまず、「KOVAL」のシングルバレル・ライ(ライ麦100%のウイスキー)をハイボールでいただいた。

2008年にアメリカのシカゴにできた蒸留所だそうだが(若い!)、今や世界的な賞を数多く受賞するほどの実力なのだそうだ。バランスがよく、すっきりドライな印象ながら余韻が残る。単体でも美味しいけど、食事にも合うのではないだろうか。

お酒だけを飲みに伺ったので知らなかったが、ホームページによればランチもやっているらしい。今度は食事も一緒に楽しんでみたい。

TOKYO WISKEY LIBRARY公式ホームページ

TOKYO WISKET LIBRARY公式食べログ

もっとウィスキーの記事を読む

もっとバーの記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
mae
食べること・読むことがとにかく好き。食と本にまつわる雑感を日々記録しています。