若鶴酒造のウイスキー「十年明」と日本酒「苗加屋」で富山な夜



以前に富山を訪れた際、富山ならではのお酒を購入したいなと思い、駅前のショップを訪れた。その際に購入したのが、ウイスキー「十年明」と日本酒「苗加屋」。どちらも「若鶴酒造」のお酒であった。

「十年明」はこれでもかというくらいにスモーキーな香りがした。インパクトがありつつ、じわじわとくせになる。シンプルにこれのみか、ちょっとしょっぱいおつまみと一緒に食べたい味。割り方は好みが出るとは思うが、個人的にはハイボールがほどよくさっぱりと飲めて美味しかった。

「苗加屋」は純米吟醸、マイスターズブレンド。ホームページによれば、「調合師が毎回テーマを持ち、原酒と配合比率を吟味した上でアッサンブラージュ」したものなのだそうだ。となると、この味はもう飲めないのかもしれないが、ほかのマイスターズブレンドもぜひ飲んでみたい。飲み比べるときっと違う味わいが楽しめるのだろう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
たけの
フリーの編集者・ライター。食関連の書籍・雑誌・Webサイトで活動中。祖父母は定食屋、両親はレストランを経営。飲食店一家に生まれ、食の虜に。美味しい飲食店や料理、食文化・歴史・ニュースなどを発信しています。