長野・松本で「山賊焼」を初実食



長野・松本を訪れた際、何か名物を食べておきたいなあと思いながら歩き回っていると、「山賊焼」という言葉が目に入った。山賊焼? 聞いたことがあるようなないような……というわけで、とりあえず食べてみることに。

山賊焼とは、どうやら鶏のもも肉を豪快に揚げた料理のことらしい。名前の由来は諸説あるようなので割愛するが、長野の塩尻や松本周辺で食べられているご当地グルメだそうだ。今回食べたものは竜田揚げのようなからりとした衣で、ボリュームたっぷり。お腹が空いていたので、ガツガツと食べてしまった。

ちなみに、山口・岩国にも同じ名前の食べものがあるとのこと。こちらも鶏を使うが、「揚げ」でなく、炭火やグリルによる「焼き」の料理だそうだ。こちらの山賊焼きも、ぜひ食べてみたい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA