本に好きな栞を挟むと気分が上がる。お気に入りの栞紹介



気がつけば、栞が増えている。何冊かを並行して読んでいることもあり、そこかしこに挟んでいるせいだ。栞はいくつあっても足りない。そして、それを言い訳にたくさん集めてしまう……

いつのまにか私の元に集まってきた栞たちは、実に多様。自分で買ったものはもちろん、本に付録としてついていたもの、プレゼントでもらったもの……たくさんの栞に今まで出会ってきた。その中から最近愛用しているものを、いくつか紹介したい。

桂樹社「和紙文庫」の栞

二つセットで販売されていた

富山にある紙の工芸館・桂樹社「和紙文庫」で購入した栞。ぱきっとした赤と水色が眩しい。レトロかわいいデザインも気に入っているが、何より和紙の質感が手になじんで心地よい。色やデザインはほかにもたくさんあって、どれにしようか悩んだことを覚えている。栞は訪れた場所の記念としても、気軽に買える点が好きだ。

シェイクスピア「グローブ座」の栞

大きめなので、ビジネス本などにも使える

イギリスでシェイクスピアの劇場「グローブ座」を訪れた際に購入。とぼけた顔のシェイクスピアがかわいい。

中心には名作『じゃじゃ馬ならし』の本にまつわるセリフが書かれている。ほかの作品のセリフがあれば集めたいが、なかなか行く機会がないので悲しい……この栞を見ていると、グローブ座のあまりのすばらしさに感極まった自分を思い出す。

栞文庫ayaさんの「本好きあるある栞」

可愛いイラストが癒し……

本好きあるあるが描かれている、栞文庫ayaさん作の栞。いくつか種類があって、私は「積み過ぎ注意」「図書館に住みたい」を選んで購入した。ほかの栞も本好きなら共感できる“あるある”が盛りだくさんで面白かった。挟む度に、つい笑みがこぼれる癒しの栞。

京都『裏具』の栞

シックなブックカバーと共に愛用

京都の文具店『裏具』にて、ブックカバーとともに購入。渋くて和のような、エスニックのようなデザインが好き。栞は何枚かセットになっているのだが、今我が家の各本へと散り散りに冒険に出てしまっている……日本やアジア系の文学を読むときに使うと雰囲気が出る(気がする)。

ここ最近はなかなか栞を買う機会に恵まれていないが、今年は外に出かけ、旅先で好きな栞を買いたい。気軽に外出できる日は、いつくるのやら……



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA