代々木上原『Japanese Soba Noodles 蔦』で新感覚ラーメン



先日、代々木上原を歩いていた際、通りに数人が並んでいるのが見えた。何のお店だろうなと見てみると、なんと『Japanese Soba Noodles 蔦』だった。もちろん、知っている。ラーメン店として世界初のミシュランガイド一つ星評価を受け、メディアでもたびたび見かける名店だ。いつか行ってみたいとは思っていたが、今なら行列も少ないし入れるのでは!? と飛び込みでお邪魔してみたのだった。

“レストラン”でラーメンを食す?

順番に並んでいると、ガラスドア越しに店内が見える。入口から見た感じはラーメン屋らしいカウンターがあり、「美味しそうな雰囲気だな」と思っていた。

しかし中に入ってみると、思いのほか広いことに驚く。店内はテーブル席も多くあり、高級感のある雰囲気だ。ラーメン屋というよりは、ちょっといいレストランのような印象。

メニューも、醤油ラーメンや塩ラーメンのような聞き馴染みのある名前が並んでいるものの、のっている具材やトッピングの解説を見てみると、A5黒毛和牛やトリュフ、バルサミコ、ボッタルガなど、一般的なラーメンからは想像できないラインナップ。いったいどんなラーメンが出てくるのだろう……?と期待に胸が膨らんだ。

完璧なバランスのスープと絶妙なトッピング、そして大好きな細麺

今回は、醤油ラーメンを注文した。

もととなる醤油だれは、和歌山産の生揚げ醤油をメインに、兵庫産の非加熱淡口醤油、ムール貝、牛肉などのだしを合わせて作っているのだという。これに地鶏のスープ、浅利や真昆布などでだしをとったスープ、魚介のスープを合わせているとのこと。さらにチャーシューのうえには、バルサミコトリュフクリーム、モリーユ茸のクリームソース、フィグコンポートがのっている。こちらは少しずつ味変を楽しめるようになっている模様。

こんなにもたくさんの食材が合わさっているのに、食べてみるとすべてがきっちり調和されていて感動した。きっと何度も研究を重ねて、味の黄金比を作り出しているのだろう。一口一口をじっくりと味わいながら食べた。

食べ終わった後、しばらく余韻を引きずった。食券を買って食べるカジュアルなラーメンも大好きなのだが、それとはまた違った魅力がある。また訪れた際には違う味も食べたいし、今回食べそびれた「特製トッピング」にもチャレンジしてみたい。

Japanese Soba Noodles 蔦 公式ホームページ

Japanese Soba Noodles 蔦 公式食べログ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA