コレド室町テラス『鯛塩そば 灯花』で懐かし、愛おしい「昔ながらの中華そば」。

最近、「『エモい』の意味をどう説明するか?」という話をした。音楽のジャンルとしての「エモ」=emotionalから来ているだろうから、「心が動く」とか「感情的」とか……あるいは、そこから踏み込んで、「懐かしい」「ノスタルジー」「郷愁」などの言葉も、個人的には思い浮かぶ。

そしてそういう意味で言うならば、「中華そば」は私の中で、完全にエモい。別に昔からすごく食べていたとか、何らかの思い出があるわけでもない。なのに、なぜか懐かしさを感じるし、見るとちょっとノスタルジーな気持ちになるし、心が動いてつい注文してしまう。

コレド室町テラス内『鯛塩そば 灯火』でも、名物の鯛塩そばと悩みに悩んだ結果、「昔ながらの中華そば」をチョイスした。

濃いめのだし、細麺、シンプルなトッピング

カウンター席に座ってしばらくして、出てきた中華そばが、本当に「昔ながらの」でほっとする。これこれ、これが食べたかったんだよ!という気持ちになる。昨今のこだわりの詰まったラーメンももちろん大好きだが、ときどき立ち返りたくなる、シンプル・イズ・ベスト。

細麺、濃いめのだし、メンマ、チャーシュー、青葱。この見慣れたデザインの器もなかなかエモい。というか、この器、家に欲しい~!!!

買い物ついでにたまたま見つけて立ち寄って、思いもよらぬ「エモ」を摂取したのであった。

鯛塩そば灯花公式ホームページ

鯛塩そば灯花公式Instagram

もっとラーメンの記事を読む

もっと東京グルメの記事を読む

⇒東京グルメの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
mae
食べること・読むことがとにかく好き。食と本にまつわる雑感を日々記録しています。