鶏レバーペーストを家でつくる。意外と簡単、レシピとポイントをメモ

なんとなく、レバーペーストはお店で買うもの・食べるものという印象があった。家でつくれるなんて思いもしなかったのだ。

しかし、いざレシピを見たら、意外にもその手順は難しくなさそうだった。物は試しと、さっそく鶏のレバーペーストをつくってみた。

鶏レバーペースト、必要な材料は?

参考にしたのは、『&Premium』2020年9月号「真似したくなる、あの人の料理」。材料を調べてみると、鶏レバー、白ワインビネガー、ケーパー、バター、塩などが必要とのこと。どれもスーパーで手に入れられるものばかり。

臭み消しに家にないようなハーブなどが必要な気がしていたが、取り急ぎはつくれそうである。レバーを加熱し、材料を入れて煮詰め、冷やせば完成。

レバーを煮込む途中の写真。これがペーストになるのか?と不安になった……

美味しく作るコツを考えてみた

とりあえずつくってみたレバーペースト。自分にもできるんだ、、、と思った反面、できたものは「とっても美味しい」とはいかなかった。以下、個人的な反省点を記録しておこう。

レバーのくさみをどう消すか

つくり終えてみると、やっぱり臭みが残っている気がする。この臭みが良いアクセントになっている気もするが、きれいに消してしまっても良い気も。調べてみると、水洗いする、牛乳や塩水に漬け込むなどがあるらしい。今度は下処理をしっかり行ってみよう。

しっかりと冷ますのがコツ

あまり冷まさずに盛り付けてみたら、どろりとした質感になってしまった。しかし、冷蔵庫で一晩冷やしてみると、お店でよく見る固めの質感に。しっかりと冷ますこともまた、調理のポイントのようだ。

反省点はもろもろあったが、ここまで簡単につくれるならまた改善版をつくりたい!ほかのレシピも調べてみよう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA