北海道『サッポロビール園』で堪能した、ジョッキビールとジンギスカンの思い出



北海道には飲料メーカー「サッポロ」が運営するビール博物館がある。ビールの歴史を知れるだけでなく、隣接する『サッポロビール園』ではビールを堪能することも可能となっている。

以前北海道に伺った際、同店で美味しいビールとジンギスカンをいただいたことがあった。心おきなく美味しい食とお酒を堪能できた良い夜だった。

サッポロビール博物館の入口

サッポロビール博物館内にある5つのレストラン

サッポロビール博物館の敷地内にある『サッポロビール園』は、5つのレストランからできている。基本的にどれもジンギスカンとビールが楽しめる店ではあるが、店内の雰囲気やメニューが少しずつ異なる。

大正元年につくられた歴史ある「開拓使館」内『ケッセルホール』、蟹や寿司など北海道グルメ食べ放題の『トロンメルホール』、モダンで落ち着いた店内の『ポプラ館』、味付きジンギスカンが人気の『ライラック』、「グレインフェッドラム」が食べられる『ガーデングリル』。好きなメニューがあるかどうかはもちろん、混み合っているかどうかも検討しながら店を選ぶのが良さそうである。

ちなみに私は、『ライラック』にお邪魔した。いろいろな味わいでジンギスカンを食べてみたかったので。

夜空にぱっと光る「サッポロビール」の文字

食べ放題、飲み放題で5000円ほど。コスパ最高

『ライラック』ではアラカルト注文も可能だが、このときは、食べ放題・飲み放題のコースを注文した。5000円ほどで6種類の味のついたジンギスカンなどを食べ放題で、サッポロビールのクラシック、黒ラベル、エビスなどが飲み放題である(メニューについて)。もちろん、野菜やごはんものもあるし、飲み物もハイボールなどのほかのアルコール類、ソフトドリンクもある。

味付きジンギスカンは、醤油、塩、たれの漬け込み、ハーブ、ニンニク塩、ねぎ辛味噌。どれも美味しかったが、個人的にはねぎ辛味噌が好き。

焼いては食べ、飲み、焼いては食べ、飲み……エンドレス

オンラインショップ利用もアリでは

コロナ禍になってしまっては、なかなか遠方や人の多いところへの外出は難しい。それならば、オンラインで楽しむのもありかもしれない。Webサイトではジンギスカンセットやビールを販売しているようなので、買って家で楽しんでみるのも良さそうだ。

このときはほとんど食べに行ったようなもので、博物館はほとんど見られなくて残念だった。今度北海道に行くことがあれば、ぜひじっくりと見学してみたい。

サッポロビール園公式ホームページ

サッポロビール博物館公式ホームページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
たけの
フリーの編集者・ライター。食関連の書籍・雑誌・Webサイトで活動中。祖父母は定食屋、両親はレストランを経営。飲食店一家に生まれ、食の虜に。美味しい飲食店や料理、食文化・歴史・ニュースなどを発信しています。