美しい層を眺めて浸る。表参道『EMME(エンメ)』でワインと夜パフェ



パフェは完璧を意味する「パーフェクト」から来ていると言われている。フルーツやクリーム、ゼリー、ムース……あらゆるデザートがまるっと入っているという完璧さはあるが、最近富に思うのが「見た目の美しさが完璧」ということだ。

表参道のワインバー『EMME(エンメ)』では驚くほど“パーフェクト”な美しいパフェに出会えた。お酒と合う控えめの甘さも素晴らしかった。

まずは温かみのある食事で乾杯

店内は上品で静かな空間。しかし気を張り過ぎずに済むよう、親しみやすいご夫婦が笑顔で迎えてくれる。カウンターに通してもらい、贅沢な時間を過ごすことが出来た。

パフェを注文することは決まっていたが、まずは食事をいただいた。かぼちゃのポタージュやカニクリームコロッケなど、かしこまりすぎないやさしいメニューが印象的だ。

かぼちゃのポタージュ
蟹クリームコロッケ

フランスワインを料理に合わせて

同店はワインバーである。やはりここは、ワインをいただこうと好みを伝え、おすすめを伺いながら注文。普段から好きなサンセールやボルドー、オー・メドックの「ラ・ドモワゼル・ド・ソシアンド・マレ」など複数ワインをいただいた。「ラ・ドモワゼル~」は初めていただいたが、美味しかったのはもちろん、トンボのラベルが可愛らしくて好きだ。

ラ・ドモワゼル・ド・ソシアンド・マレ

念願のパフェへ! 繊細な組み合わせに感動

ワインも料理も美味しく、楽しくお話もさせてもらって大満足だったが、デザートはまた違った趣があり感動した。栗と柿を使ったパフェは、色や味の組み合わせを徹底的に考えてつくられているのだろう。食べても食べても飽きずに最後まで楽しめた。

実のところ、私はパフェを食べきるのが苦手な節があった。食べ終わる頃には味に飽きていたり、お腹がいっぱいになったりしてしまうのである。ある意味挑戦だったので心配もしていたが、完全なる杞憂。ぺろっと平らげてしまった。

柿と栗のパフェ

きっとパフェは季節によって変わるのだろうし、ワインメニューもそのときどきの仕入れで変化するのだろう。今日はどんなお酒や料理、デザートがあるのかな?と楽しみにしながらリピートできることもまた、『EMME』の魅力だと思った。

EMME公式ホームページ

EMME食べログ(公式)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
たけの
フリーの編集者・ライター。食関連の書籍・雑誌・Webサイトで活動中。祖父母は定食屋、両親はレストランを経営。飲食店一家に生まれ、食の虜に。美味しい飲食店や料理、食文化・歴史・ニュースなどを発信しています。