「けもなれ」でおなじみのナインテイルドフォックス感想。ヴィンテージビールの味わいとは?



2018年に放映されたドラマ『獣になれない私たち』には、さまざまなビールが登場する。そのなかでも特に話題を呼んだのが、最終回でも登場した「ナインテイルドキャッツ」だ。

ナインテイルドキャッツは残念ながら実在するものではないが、イメージとされているブランドは存在する。那須高原「ナインテイルドフォックス」である。2019年のものからいくつか飲んでみたのだが、どれも個性豊かで味わい深い。味わいの特徴をまとめておこう。

ナインテイルドフォックスとは何か?

「ナインテイルドフォックス」とは、栃木県・那須の地ビール専門店『那須高原ビール』で販売されているヴィンテージビールのこと。通常のビールと違って毎年決まった時期に販売され、ラベルにはその年が記されている。

また、毎年生産されているがゆえに、時を置いた「年代物のビール」というものも存在する。オンラインショップを見てみると、10年も20年も前のビールもある……いつかは飲んでみたいところだ。

苦味、甘味、コク、複雑な奥深さのある味わい

私が飲んだのは、2019年、2020年、そして2008年のもの。まず、2019年。これは2019年発売当時にいただいた。

さらに2020年。こちらも予約し、2020年のうちにいただいた。

そして、2008年。こちらはオンラインショップで購入。2019年や2020年に飲んだものに比べて、やはり味わいに奥行きが増している。芳醇な香りもあり、見た目も色濃かった。それまで自分のなかにあったビールの概念とは大きく異なっていて、ウィスキーやブランデーのような印象だった。

ビールをこんなふうに味わったのは初めてで、とても面白かった。引き続き、タイミングがあれば購入して、そのときそのときの味わいを楽しんでいきたい。

那須高原ビール公式ホームページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA