蔵前『KARASU no ONGAESHI』。日本酒にワイン、焼酎、ビール、国産のお酒がずらりと揃う



2021年にオープンした『KARASU no ONGAESHI』は、国産のお酒を数多く揃えたバル。ビールやワインなども国産にこだわって用意しており、見慣れないメーカーのものもたくさんあって面白かった。

「肉バル」と名乗っている通り、肉のメニューも豊富。今回は軽く飲みに行っただけだったので、白カビのサラミなどを単品で注文したが、シャルキュトリーの盛り合わせやソーセージ、ステーキ系などのボリューム多めのメニューもあった。一人で行っても、ご時世柄難しいが複数で行っても楽しめるのではないかと思う。

一杯目は「東京ホワイト」。さっぱりしていて飲み心地が良い。最初に飲むのにぴったり!

その後は日本酒の「シン・ツチダ」を。日本酒にしては色味が濃く、甘味にコクと奥行きがある。以前「麹九割九分」を飲んでからすっかり土田酒造のファンになっている……ついつい頼んでしまう、クセになる美味しさ。

器がかわいくてテンションが上がる

ちなみにチェイサーは「麒麟山 山水」。麒麟山酒蔵の仕込み水だった。日本酒の間にいただきながら、ちょうどいい塩梅で食事とお酒を堪能できた。

次回はもっとガッツリ、食事を注文してみたい。今回は飲めなかった国産ワインも気になるところである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA