台湾本場の大衆食堂を思わせる蔵前『焼小籠包ドラゴン』でランチ



2020年にオープンした蔵前『焼小籠包ドラゴン』。レトロな大衆酒場のような外観が味わい深く、食べたことのない「焼小籠包」も気になる。ランチタイムに、食事に伺った。

中に入ってみると、台湾に行ったことがないくせに「本場っぽい」となぜか感じる。現地にこんな大衆食堂、ありそう。ほどよく雑多に人が食事をしている風景と、手頃なメニューのラインナップ、入った瞬間店員さんが気軽に声をかけてくれる感じなどが、そう思わせるのかもしれない。

小籠包に魯肉飯、鶏肉飯……台湾名物がずらり

メニューは台湾の屋台料理がメイン。店名の焼小籠包はもちろん、近年特に有名になった魯肉飯(ルーローハン)や鶏肉飯(チーローハン)、まぜめん、ワンタンなどが並ぶ。そしてどれも、値段が安い。今回は鶏肉飯とワンタンのセットを注文した。鶏肉飯は甘辛だれでついついご飯が進む。ワンタンはスープのやさしいだしの味が染みた。

肝心の焼小籠包は、友人が注文したものをひと口いただく。通常の小籠包より皮が厚く、焼き目がついていて香ばしい。中からはやはり、じゅわっと肉汁が出てきて美味しかった。

早い時間から昼飲みしてみたい

今回は食事をしに行ったのだが、メニューを見る限り、おつまみ系がかなり手頃で美味しそうなものが揃っている。お酒もビールや紹興酒など、台湾・中華系のものが豊富にあったので、今度はぜひ飲みに来てみたい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
たけの
フリーの編集者・ライター。食関連の書籍・雑誌・Webサイトで活動中。祖父母は定食屋、両親はレストランを経営。飲食店一家に生まれ、食の虜に。美味しい飲食店や料理、食文化・歴史・ニュースなどを発信しています。